ここでは肉離れ以外の外傷について、詳しく説明しています。

肉離れ以外にも捻挫や靭帯損傷や挫傷、脱臼や骨折という怪我について聞いたことがあると思います。
これらは普段から耳にしますが、脱臼や骨折は別としても捻挫や靭帯損傷や挫傷と肉離れの違いについて詳しく知っている方は少ないかもしれません。

ここでは明確にその違いを説明していきます。


sponsored link




まず捻挫とは、「関節周辺(主に靭帯)を損傷、関節の可動域を超えた時に起こる損傷」のことを言います。それから靭帯損傷とは、文字通り「靭帯を損傷した状態」のことです。ですので、捻挫は靭帯損傷に含まれるということになります。一般的に、捻挫は軽度の状態で靭帯損傷と聞くと少し症状が重くなり、靱帯断裂となるとかなり症状が重い状態と分類されています。

対して挫傷とは、「皮膚には傷がなく筋肉や骨や内臓にダメージがある怪我」のことです。主に打ち身や内出血という言葉がこれにあたります。実は肉離れも、挫傷の内の筋挫傷(筋肉の挫傷)に分類されます。挫傷の中でも脳挫傷は交通事故のニュースなどでもよく聞かれたことも多いかと思いますが、これも脳自体に損傷を受けた場合に呼ばれます。


sponsored link




そして脱臼ですが、脱臼は間接周辺のダメージの有無に関わらず「骨と骨との関節面が外れた状態」のことです。肉離れとはかなり違った部類の外傷ですね。
最後に骨折ですが、骨折はご存知の通り「骨が折れた状態」です。これも肉離れとは大きく違った部類の外傷となります。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、肉離れを起こした時の対処法と応急処置について詳しく説明しています。

⇒ 応急処置について

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
niku870.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。