ここでは肉離れのリハビリについて、詳しく説明しています。

肉離れを起こした場合は、通常はしばらくの間運動することは出来ません。下手をすると松葉杖がないと歩くことすらままならないでしょう。そしてリハビリを始めるのは、腫れや炎症もなく痛みが治まってからが望ましいです。まだ腫れや炎症や痛みがある段階でリハビリで運動を行うと、筋断裂が一層広がって症状がひどくなる恐れがある為です。


sponsored link




応急処置と初期治療を終えて、痛みも引いて症状も軽くなるといよいよリハビリを行っても大丈夫な状態になります。リハビリの目的は「出来るだけ早期に回復すること」と「事後と事前の変わりない運動機能を取り戻すこと」があります。肉離れがを起こした場所は、当分筋肉を使えませんから筋力が衰えてしまいます。肉離れの症状が治った時に、いかに以前の筋力を取り戻すかということがリハビリにかかっています。特にスポーツ選手であれば余計に、復帰前と復帰後でパフォーマンスの差を無くしたいと考えるでしょう。
しかし焦るのは禁物です。焦って無理をすると、かえって症状がひどくなり完治が遠のきます。早く治したいのであれば、医師の指示に従って決して無理をせずじっくりとリハビリを行うよう心掛けましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、ふくらはぎの肉離れについて詳しく説明しています。

⇒ ふくらはぎの肉離れ

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
niku870.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。