ここでは肉離れの症状について、詳しく説明しています。

肉離れと聞くと「激痛が走る」「痛くて立てない」などが思い浮かびます。肉離れの症状は、ほとんどの場合この通り肉離れを起こした場所に激痛が走り、痛みでしばらくの間は立てなくなったり動けなくなったりといった症状があります。
これらは肉離れ、すなわち筋肉の損傷や断裂によって起こる症状です。


sponsored link




ここでは肉離れの症状を、その程度によって医学的に3つに分けられた段階を説明します。

まず軽度の肉離れです。軽度の肉離れと診断されるケースは、痛みがあっても自力で歩行できる程度で、筋肉の損傷も部分的に小規模の損傷であり若干の運動なら可能な場合です。基本的にしばらくの間安静にしていれば、自然に回復が見込める状態です。
次に中度の肉離れです。中度の肉離れと診断されるケースは、痛みも強く自力では歩行することも困難な状態で、筋肉の損傷もかなりの規模で損傷しています。引かない出血が見られる場合もこれにあたります。中度の肉離れになると、病院での治療を受ける必要が出てきます。
そして重度の肉離れです。重度の肉離れと診断されるケースは、痛みも激しく自力では完全に歩行することが出来なくなった状態で、圧痛もあり患部を指で押すと陥没も見られます。重度の肉離れになると、酷い場合は断裂した筋肉を縫合する処置も必要となるほどの状態です。完治までは最低でも2か月はかかるでしょう。

このように同じ肉離れでも、症状の程度によって分類されます。肉離れが起きても、出来れば重度までいかず軽度で済んでほしいものです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、肉離れ以外の外傷について詳しく説明しています。

⇒ 肉離れ以外の外傷

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
niku870.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。